新しい葬儀の増加

葬儀は亡くなった人自身が、葬儀にも自分らしさを出したいと生前に希望を出すケースは少なくありませんし、残された遺族が故人らしいスタイルで見送りたいと希望するケースもよくあります。様々な価値観を寛容に受け止める意識が醸成されつつありますので、少し変わったスタイルの葬儀を行ったとしても、周囲から強い非難を浴びせられてしまう心配はありません。また最近多く見られる葬儀には宗教色が排除された自由葬や少人数でこじんまりと行う家族葬などで、今後の葬儀の動向に注目していくことです。

自由葬や家族葬を希望している場合には、それらの形式の葬儀に対応してくれる業者を選んで利用する必要があります。最期の時を病院で迎える人が多いので、亡くなった直後に遺体の搬送方法を考えなくてはなりません。家族だけで遺体を自宅まで運ぶのは難しいため、その段階から葬儀業者を利用することになるのが普通です。しかし、あらかじめ利用する葬儀業者を決めていることは少ないので、病院が提携している業者をそのまま利用することになるケースが多いです。その業者が家族葬プランなども取り扱っている業者であればよいですが、そうでなかった場合には、家族葬で見送ることができなくなってしまいます。葬儀は人生の最後を飾る重要な儀式ですので、後悔しないものにするためにも、業者選びには慎重を期するようにしたいものです。